哀しいことに 、なりたくなくっても
いつのまにか大人になってしまいます

ひそかにいだいていた進学の夢も
自堕落と、家の経済的理由であっさりあきらめ
ノーテンキな高校の3年間を過ごし
将来に漠然と不安をいだきながら
社会へ巣立っていった、というより
落っこちた、というのがボクの心境でした

 就  職

ボクは成績もそんなに良くないくせに
のんびりしてて
就職先が決まったのは
クラスで最も遅いほうだった

とにかく富山を出たかっただけで

何の会社か理解せずに決め
3月下旬に一緒に入社する K と
高岡駅を夜行列車で出発する

駅には家族、友人、そしてホレていた C子も
見送りに来てくれ、急に行くのがイヤになった

< 体に気をつけて頑張ってください >
と言われ、思わず握手したのが
彼女に触れた最初で最後・・・・

よくわからない未練みたいのを残し

列車は定刻通り出発しちゃった18歳の春


翌日、大阪本社で入社式があり
東京店商品課配属が正式決定
東京店では初めてのデザイナー採用と聞き
不安がつのる・・・

 研 修

大阪本社の企画室で2週間の研修を受ける
 
ネクタイの図案の描き方のレクチャー
テキスタイルは一番嫌いなんだけど、仕方がない
あとは掃除と部長の相手
 

部長はボクの親父と同じ年だったけど
人種が違っていた
< オシャレは女性化することヨ > って言い
いっつも小指を立て、内股で歩いている

親父が見たら殴っていただろう

スタイルが良く、晩年までオシャレだった
あれが演技だったら立派なものだ
 
その部長に何度かオカマ・バーへ連れていかれた
修学旅行以外、県外へあまり出たことのないボクには
スゲー・カルチャー・ショック
 
トイレに入ると天井から床まで総カガミ貼り
キラキラした迷宮のようで出るものも出ず
 
うっすらヒゲの浮いたママに手をにぎられ
< 可愛いけど アンタには無理ヨ >

って言われたけど、無理ヨ の意味がわからなかった
 
お店の名前は 男子専科

デ ザ イ ナ ー ?

東京まで、初めての新幹線に
小さな希望と一緒に乗って
子供っぽく喜んでたまではよかった

東京店の挨拶で学生服のボクたちを

今度、東京店に配属されたデザイナーの・・・

と、店長が紹介しても
デザイナーってもののイメージとは
ずいぶんかけ離れた二人
社員たちは変なものを見るような冷ややかな目

ボクもムチャクチャ恥ずかしかった

押 し 入 れ デ ザ イ ナ ー

東京店は上野黒門町の商人宿を改造した建物

デザイン室はきしむ階段を上がった2階奥
押し入れだった2帖ほどのスペース
横に物干し場へ行く階段があった
窓はなく、暗くって

夏場はとんでもなく暑い
 
そんな中で K は紳士装身具担当になり
S係長の指導で順調なスタートを切ったが

ネクタイ担当にされたボクは
指導者がいなく放りっぱなし

どうしていいかわからず
意味なくパターンみたいなものを描いてても
身が入らず、サボってばかり

肩が触れるような狭い部屋で
イラだっていたのか K と殴り合いの
喧嘩も何度かした

暇を持て余し、疎外感で悶々と半年過ごした頃
商品名の看板を書いてくれ、という依頼があった
それがボクの仕事を創り出すきっかけになる?

昭和の子供たち・やよい町15番地