ホ ワ イ ト ・ ク リ ス マ ス

 なにを 思ったのか
 イイダ先生が( クラス担任 )
 授業中に外へ連れ出し
 運動場の階段に座らせ
 英語で歌わせたことがあった
 

 女子はともかく
 坊主頭がでっかい声で元気よく歌う

 < ホワイト・クリスマス > なんて
 けっこう気持ち悪い
 
 えらい寒かったが
 そのうち粉雪が降ってきた
 
 1965年11月22日、月曜日の
 ちょっとイイ想い出・・・

バ ラ が 咲 い た

マイク真木が歌う < バラが咲いた >
卒業の年だったと思う
ラジオやテレビからよく流れていた

平凡パンチに出てくるような
アイビーなカッコウをして
ギターをかかえて歌ってる

バラがさいた〜バラがさいた〜

ちっちゃなバ〜ラ〜が〜・・・♪

ヤングのくせに、何ちっちゃいことを
歌ってんだ、と思ってたけど
卒業を真近にしたセンチメンタルな
気分に妙にリンクする
そのうち口ずさむようになっていた

後にマイクさんと前田美波里さんを
六本木のディスコで見かけた直後
結婚しちゃって・・・・
ボク等を滅茶苦茶くやしがらせた
当時、美波里さんは若者にとって
女神だったんです

昭和の子供たち・やよい町15番地