お ん が く - 5

エレキ・ブーム
 
掃除の時間のホウキは
エレキ・ギターになる
 
今でいうエア・ギター?で

テケテケテケ・・・と、くち走り
ベンチャーズや
寺内タケシとブルージーンズ
加山雄三とランチャーズになる
 
学の無い田舎者のボクらは
ベンチャーズのダイアモンド・ヘッドは
固い頭の曲? なんて思ってて

ハワイの地名だとは
まったく知らなかった
  

お ん が く - 6

 尚美展 (学校祭)の華は
 K L P( コーゲー・ラテン・プレーヤーズ )の
 ペレス・プラ−ド楽団をコピーした
 マンボの演奏
 
 全員、学生服の前部分を内に折り曲げて
 V・ゾーン をつくり 派手な蝶ネクタイをつけ
 タキシードを気取っていた

 < ウ〜〜ッ!マンボ ! > のかけ声

 リズムにあわせ楽器を右に左に振り
 リーダーはマラカスを手に踊る


 坊主頭の違和感以外
 ホントー に カッコよかったね
 
 学校祭は サボリの日にしていたボクも
 演奏の時間が近くなるとイイ席をとるために
 講堂へ急ぐ・・・・
 

お ん が く - 7

 美術部の歓迎会や送別会
 余興で順に唄わされる
 
 ホントは
 加山雄三 の唄 なんかが カッコイイのに
 根性無しで、あがり症のボクは

 唄いだすと蚊の鳴くような声の
 スーダラ節 になってしまう


 コブシをきかせて
 堂々と歌謡曲を唄う
 ヤスがうらやましかった
 
 
 ノリの悪い男は
 昔も今もモテるわけがない

ホ ワ イ ト ・ ク リ ス マ ス

なにを 思ったのか
クラス担任の イイダ先生が
全員を外へ連れ出し
運動場の階段に座らせて
英語で歌わせたことがあった
 

女子はともかく
坊主頭が、大っきい声で元気よく歌う

< ホワイト・クリスマス > なんて
けっこう違和感
 
えらい寒い日だった
そのうち粉雪が降ってきた
 
1965年 11月末の
ちょっと素敵な 想い出・・・

バ ラ が 咲 い た

マイク真木 が歌う < バラが咲いた >

ラジオやテレビからよく流れていた

平凡パンチ に出てくるような
アイビーなカッコウをして
ギターをかかえて歌ってる

バラがさいた〜バラがさいた〜

ちっちゃなバ〜ラ〜が〜・・・♪

ヤングのくせに、なに ちっちゃいことを
歌ってんだ、と思ってたけど
卒業を真近にしたセンチメンタルな
気分に妙にリンクする
そのうち口ずさむようになっていた

後に、マイクさんと前田美波里さんを
六本木のディスコで見かけた直後
結婚しちゃって・・・・
ボク等を滅茶苦茶 くやしがらせた
当時、美波里さんは若者にとって
女神だったんです

昭和の子供たち・やよい町15番地