お ん が く - 1

アルバイトで貯めたお金で
レコード・プレーヤーを買った

4000円 ぐらいだったと思う
 
ドーナツ盤は当然、 LP でもなんとか
かけれるけど
スピーカー内蔵で情けない音しか出ない
 
でも、ボクはすごく文化的になったような気分

 
それまで、ラジオで聞いていた好きな曲を

お金を貯めては駅前の開進堂へ買いに行く

 
一番最初に買った レコードは
トニー・ダララの < ラ ・ノビア >
 

その後は アメリカン・ポップスに夢中
コニー・フランシス がお気に入りだった
 

お ん が く - 2

テストで早く帰れた日
 
肉屋で コロッケをたくさん買い
ボクの部屋で ケイゴ
同じ交響曲の 違う指揮者による
表現の差についての考察
といった風なことをした

 
4000円の レコード・プレーヤーで

ケイゴ が言うように

音の厚みやら 深みがわかるのか
マユツバだったけど
ボクは、わかったような顔をして
そーだ、そーだ、と うなづいていたが

 
コロッケ片手に忘我の境地で
ワリバシのタクトを振る
ケイゴ を見ていると
ボクはどうしていいのかわからない・・・
 
ケイゴ は終生クラシックから離れることなく
56才で逝ってしまう

お ん が く - 3

テラコ先生んとこへ
ケイゴヤマ
遊びに行ったことがある

が、その恐ろしく マニアックな世界に
おどろいた
 

手作りの アンプやらスピーカー
プレーヤーのアームは ワリバシ
そのゴチャゴチャした配線の中から
響き出る音には感動したものだ
 
しかしこの連中、
交響曲の演奏中
ジッとしていない
半開きの眼で ワリバシで指揮をする
 
言ってることも難解でサッパリ わからない
 
ワリバシ が好きなことだけは
よーっく、わかった
 

お ん が く - 4

当時、助手だった テラコ 先生が
休んだ デザインの先生の代理で
初めて ボク等の教壇に立った


何の講議をするんだろーと期待してたら
デザインとは何の関係もない
当時、若手新進気鋭の指揮者
小沢征爾の < ボクのヨーロッパ音楽武者修行 >
という(だったと思う)本の朗読をはじめた

自分で読みながら感動してる テラコ 先生を
アホか、と思ったけど
そのうち引き込まれて・・・
50年以上も前のことを覚えているんだから
印象的な授業だったんだ、たぶん

以来、小沢征爾さんの名を耳にする度
この日のことを思い出す
テラコ 先生は後で エライ 叱られたらしい
・・・・・


テラコ 先生、オペラ歌手みたいに 声はり上げて
よく歌っていた
信じられないほど上手かった!
その先生が NHK のど自慢トヤマ大会に出場し
カンツオーネを歌って予選で落っこちた
っていう噂
あんなに上手いのに落ちるんかぁ・・・・
悪くって真偽の程は本人に聞いていない

昭和の子供たち・やよい町15番地