ラ ー メ ン

たまに食えるラーメンはごちそうだった

学校から歩いて2分ほどの
交差点角の食堂でしか食ったことがない

M下 はいっつもカツドンを食っている

< いいもん食わんな、どーすんがィ > に
 食ったことのないボクはカチンとくるが


< 柔道の試合前、風邪ひいとっても
 マムシ酒のんだらおまえ、体 カッカして
 チンチン・バンバン、鼻血ブーやぞ >

てな話には意味もわからず喜んでいた


この食堂で見た平凡だか明星っていう雑誌に
< 美しい十代・三田 明 > という特集があって
なにげなく見てたら彼の歌う< 美しい十代 >が
偶然、ラジオから流れてきた

田舎の薄汚い十代は溜息をつく・・・

峠 の 釜 め し

秋に、ケイゴとO崎の三人で
入社試験を受けに東京へ行く
上野までは汽車で10時間もかかったが
緊張感はまるでなく修学旅行気分
噂に聞いた駅弁、横川<峠の釜めし>を
楽しみにしていた

高校を卒業するまで、修学旅行以外で
他県へ出たのは隣の石川県へ3度ほど
アルバイトで名古屋へ1度だけだから
嬉しくってしかたがない
入社試験を受けに行くってのに
子供じみた情けない田舎の高校生である

貰ってきた少ない小遣いで釜めしを買い
嬉々として、食べようとしたら 
アッ!
手を滑らせて床にカッポンって感じで
完全さかさまに落っことしてしまった

独りだったら、なんとかして食べただろう
楽しみにしてた釜めし・・・・・

涙を飲んで処分したけど
二人が美味しそうに食べてるのを見てても
腹が立ち、腹が減るばっかり しかたなく
若者のバイブル 平凡パンチ を出して見てたら
O崎に<イッチャマサンってスケベね!> って
キツク言われて、またガックリ・・・・
しかし、禍福あざなえる縄のごとし
この後にイイことが待っていた
         

              つづく

昭和の子供たち・やよい町15番地