ケ ン ド ー ・ 4

恋の逆うらみは別として
クロアキラとは、真面目に練習
ただ、バスケット部の カメ
練習試合をすると
高さで勝てると勘違い
先生いわく、 < シャモの喧嘩 > になり
叫んで、道場の中を飛んだり跳ねたり
しているだけで 試合にならず
皆に笑われるだけで 疲労困憊・・・・
こんなボク等が出た校内大会で

デザイン科が優勝する
クラスの半分が女子、おまけに軟派という
ハンデがあるのに
これは、デザイン科始まって以来の快挙 !
担任の イイダ先生も 大喜びだった

剣道の時間だけは、ホント 楽しかったなァ

ケ ン ド ー ・ オ ヤ ジ

ある日の早朝
オヤジが、竹刀を 2本 持ってきて
< 外へ出ろ > って言う
< オマエ等、剣道強いんだってなァ
    かまわん、かかってこい!>
と、ボクに竹刀をわたし 構えた
< ほんとにいいの? >

< かまわん! こい! >
ボクは、オヤジの竹刀をはらい
思いきり面に打ち込んだ
ビシッ!っていう音が静かな朝に響く
オヤジは微動もせず、ボーゼンとした顔で
< 強いな・・・ >
ポツンと言い残し家へ入っていった
ボクは自分の竹刀を持ったまま
しばらく外に立っていた・・・・
これは、親を見向きもしなくなった息子と
コミュニケーションとろうとした
オヤジなりの、
やり方だったんだろう

後年、ボクは 剣道2段の中学生の息子に
オヤジと似たようなことをして
遠慮なく、さんざん打ちのめされ
アザだらけになる・・・・

因 果 応 報

どういうわけか、後輩の Oと柔道場へ行って・・・
< やってみませんか? >
という誘いに乗り、勝手に部活の道着を着て
遊びのつもりでやったら・・・
奴は本気の経験者
< タンマ!タンマ! >
叫んでも情け容赦なく
おちる寸前まで( 目の前がピンクになる )

テッテー的に、ドタンバタンやられた
後で知ったことだけど
これは剣道でボクが、 Y にしたのと おんなじで
後輩の勝手な思い込み
恋敵のボクに、天誅を加えたらしい
因果応報
ブザマすぎて人には言えず
濡れ衣とはいえ
ボクのように、
面で顔を隠したりせずに
堂々とやっただけ、彼は男らしかったんだろう
・・・・・きっと

昭和の子供たち・やよい町15番地