ボ ク の 部 屋 - 1

高校に入ったら、
親は無理して玄関を改築
2 帖半のボクの部屋を作ってくれた

ベッドまで買ってもらい
ボクはすっかり
イイとこのボッチャン気分

ボクはここで
勉強をするフリをして
平凡パンチをこっそり見たり
美術部の絵をテキトーに描いたり
レコードをかけたり、ラジオを聞いたり
アキラやカワとお金を賭けてバクチをしたり
タバコを吸ったり、酒を呑んだり
友だちとバカ話をしたり・・・

親の心、子知らず・・・・
ロクなことをしてなかった

女の子だって何人か遊びにきたんだよ

ボ ク の 部 屋 - 2

部屋を作ってもらった時に
買ってもらったベッド

フランス・ベッドの
二つに別れてて、折りまげれば
椅子にもなるっていう最新型

まっ赤、赤の柄入り

あの頃の文化的なものは目立つよーに
派手じゃなくっちゃいけなかった

フワフワしてて、よく揺れて

なれるまで寝覚めが悪く、気持が悪かった

あれは一種の船酔いだったんだろーね

ボ ク の 部 屋 - 3

誰もいなかった土曜の午後
カワアキラ
一升瓶をぶらさけて遊びにきた

調子にのってボクたちは
お酒を燗し
平凡パンチの芸術的ヌード写真を

壁いっぱいに貼り
キャバレーみたいやのー
なんて、たわけたことをほざいて
バカ話をしながら
一杯やってたら
突然、オヤジが帰ってきた


三人が
酒をかくしたり、ヌード写真をはがしたり
窓を開け煙を外へ出したりのスピードは
尋常ではなかった

そんな集中力が、勉強や部活で
発揮できてたらと シミジミ思う

昭和の子供たち・やよい町15番地