美 術 部 -1

一年生の中頃、美術部に入る

少し背が高かったので
柔道部に入れられそうになり
美術部に逃げ込んだ、という
これも 不純な動機

絵を描いて遊んでるんだと思ったら
デッサン ばっかり
手を動かさず、木炭を消すための
食パンばっかり食っていた

生きていない、白い石膏像を描くのは
どう言われようが、まったく面白くなく

デッサン っていうと逃げまわり
サボってばかりの不真面目部員
在籍中 1 枚も まともに仕上げたことはない

三年になり
ヤス が部長、真面目な クロ が副部長

ボクは 一番ふさわしくない会計となり
当然、乱脈経理で
いっつもわけがわからなかった

美 術 部 - 2

人物デッサン のモデルになった C子に
一目惚れ
やっぱり石膏なんかより
生きてるほうがイイに決まってる!

C子を ジャックリーヌ と勝手に命名

ボクはこの頃
好きな外国小説にでてくる女性の名前を
関心のある女の子につけて
密かに喜んでいた

例えば・・・・


学校祭の食堂に入ると グラッツィア が
きつねうどんを食べている
< ここで食べなさいよ > って言うので
彼女の前に座ったら 2 卓むこうに
ジャックリーヌ が コレット とぜんざいを
食べているのが見えた
ボクの心臓は早鐘を打ったようになり・・・

と、こんな具合
バカにつける薬はない・・・

美 術 部 - 3

三年の夏休みに
能登の福浦漁港へ合宿に行く

美術部で
合宿というのは初めて
で、すっごく楽しみにしてた、が
天気は良くなくって、肌寒い 2泊3日だった

合宿だから 当然
スケッチと 10号ぐらいの油彩が
課題だったような気がする、けど

油くさい漁港で泳いだり
( 地元の人に
aaaよく こんな所で泳ぐねぇ、と呆れられた )
魚釣りをしてた記憶しか残っていない

先生も、昼から酒を呑んでたみたいだし・・・

部長の ヤスは なぜか参加してなかった
かわりに、副部長の クロだけが
真面目に後輩を指導していた印象

民宿 2泊4食で1000円 交通費 600円
だったと思う
今は昔、 でも・・・安い
当然、コンビニ、スーパー、自販機なんぞ
無い頃の話


そういえば
卒業真近、クロのお母さんが三年の美術部員を
自宅へ招き すき焼きを御馳走してくれた
いままで食べたことのない 贅沢な美味しさだった
ボクんち同様、クロんちも
決して 豊かではなかったはず、なのに・・・

急に思い出しました
あらためて お心遣いに、深く感謝

昭和の子供たち・やよい町15番地