オ ー ト バ イ - 1

夏休みの部活をサボローとするボクを
ヤスがバイクで迎えに来る

スズキの125 か250cc だったかのバイク
今ではダサイ実用車だけど
当時は目がクラクラのピッカピカ

1台10 数万円もするものを
親に買ってもらえるわけもなく
いつかオレだって、と思いながら
イヤイヤ後部座席に乗っかって学校へ行った

ヤスはさすが部長、マメだったなぁ

オ ー ト バ イ - 2

アキラは、スポーツ・カブをボア・アップし
二人乗り可としたものに乗っていて
ボクはいっつも、その窮屈なリア・シート

遠くは金沢、富山等々、あちこち
乗っけてもらって行った

アサの家に遊びに行った時
アサがアキラのバイクを借り(当然無免許)
ボクが後に乗って農道を暴走の末
泥田につっこみ二人共、泥まみれ
バイクをひっぱり出すのにエライ目にあった
そんなこともあったなぁ・・・

リア・シートじゃなくって
自分で運転するのが夢だった・・・

オ ー ト バ イ - 3 

三年の夏休みの終わり頃
親父と二人でトヤマへ自動二輪の免許受験に行った

二人とも落ちた

ボクは、初めて乗ったスクーターの実技で
クラクションの鳴らし忘れだったらしいけど
(当時はスクーターで実技テストをしてた)

親父は答案用紙ではなく、問題用紙に
解答を書いて提出したかららしい
親父は、とにもかくにもオッチョコチョイ

どうやって行き、帰ったか、何を話したかも
すっかり忘れたけれど


掲示板に二人の番号が無かったのと
やけに暑い夕陽の中を歩いていたのを
鮮明におぼえている

ちょっと寂しい、親子のふれあいだった

ボクはこれで
カワから、5000円で譲ってくれると約束してた
ゲールペットというスクーターの話は
パーになっちゃった・・・

昭和の子供たち・やよい町15番地