成  績

ボクは自分の成績も他人の成績も
まるで興味がなかったけど
ヤスは通信簿の点数をヤマとかケイゴに聞き
よく比較していた

学期が上がるにつれ上位の者に
聞くようになっていったみたい

当初は、なんでボクに聞かないのかなァ?
なんて呑気に思っていたけど

限りなく下位にいるボクに聞いても意味が無い
ってことに気づくまで少々時間がかかった

世の中、やっぱりそういうものである

アサは、同級生の中で
唯一、将来の明確な目標を持っていて
学科も実習も違うレベルでやっていて
クラス内での成績は意に介さず、超越してた

ボクはクラス内で意に介されてなかった

考えるフリも続かず

眠くなる

 数  学 - 1

自慢じゃないが
数学の試験で1点もとったことがない
3年間で・・・

であるから試験中、ヒマでしかたがない
でも、せこいボクは少しでも考えた形跡を
答案用紙に残そうと

どうでもいいことを書いては消し、書いては消しの
よごし作業にいそしんでいた

そんなわけで、常に追試験を受けていたんだけど

当初はなにかの選抜試験だと思いこんでいた

初めての時、隣にうちのクラスの女子がいたから
< アンタも選ばれたの? > って
アイソのつもりで言って無視された

その後、数学の追試会場で
同級生に会うことは無かった

当然、追試もすべて 0点
二年の末には落第の瀬戸際に立たされ
数学の進級試験を受ける羽目になる

さすがにこの時は前夜一生懸命、勉強
史上初の38点を取り
やればできるだ!万歳!
と大きな自信をもったが
いつでもできる、で
卒業するまでズーッとやらなかった

考えるフリをしながら
あらぬ夢の世界へ・・・

と、手がはずれ
驚いたニワトリみたいに
周囲を見回す・・・



 数 学 - 2

そんな、数学の授業はつらいもの
うしろの席で小さくなっていたけど

時々、問題に答えなくてはならない時のために
トラの巻は買ってそなえていた

何度かは、うまくいった

しかし
前へ出て黒板に解答を書け!って言われ

トラの巻を持っていくわけにいかず
黒板の前でチョークを握りしめたまま
汗をかき、固まる

永遠に続くような針地獄

ひっぱたかれて 終わるんだけど
さらしものはツライ
早く ひっぱたいてほしかった

デザイン科には数学は無いって聞いていたのに・・・

数  学 - 3

そんなわけで

数学の授業がイヤで

意を決して何度か

逃亡を試みたが


アキラに大声で叫ばれ

あわてて教室に戻った

意気地の無いボク・・・

数  学 - 4

一年の時の数学担当は
温和なオジーサンっていう感じの先生

何度も、職員室に呼び出され
何度も、勉強がいかに大切か、説教っていうより
優しく我慢強く説いてくださったのに

アホなボクには ぬかにくぎ
最後は
< キミはボクをバカにしてるのか!>

と、怒らせてしまう


雪の降る下校時
古い外套を着て歩いている先生を見かけ
アホなボクでも ちょっと胸が痛んだ

その年で退職されたらしいけど
後に聞くと
この学校にはもったいない、
学者で教育熱心
高名な先生だったらしい

先生には、申し訳ない思いでいっぱいです

だったら勉強すればいいのに・・・・・

昭和の子供たち・やよい町15番地