引っ込み思案の情けない 性格も
イジメもそのまんま引きずって中学入学
当初、良かった成績も 坂を転げ落ち奈落の底へ
部活にも入らず、何んにもしないで
ボンヤリ過ごす日々・・・・


ゴ ウ ケ ツ

ボクが中学へ入学するとき
唯一楽しみにしていたのが
ゴウケツと呼んでいた弁慶のような
タカゲタがはけることだった

カランコロン、ゲタを鳴らして
歩く中学生は憧れだった


早速、入学式にカランコロンはいて行き

学校説明会でゲタ禁止を言い渡されガクゼン

当時は木造のボロ校舎で鉄筋コンクリートの
校舎に建替え中だったけど

どうせこわす校舎だからとゲタで腰板を割る
ゲタをもって殴り合いのケンカする、
音がうるさい、新校舎に合わない等々

色んな理由を並べられたが
ただ、ガッカリ・・・・

G r a m m a r ( 文法 )

中学へ入ると英語を習う
教科書は< ジャック アンド ベティ >
< 太郎と花子 > と先輩は訳していた

ボクの得意な科目になる予定だった

担当は、いつもスーツを着てて
唇の横にホクロのある
体の凸凹がはっきりしたグラマーな先生


赤い唇から巻き舌で Grammarって
何度も発音されるたび、なんでか
心臓がドキドキして顔が熱くなった

言い訳だけど、春のめざめと英語は両立せず
ボクの中学生活はゴウケツに続き
英語でもツマズイてしまう 

電 気 洗 濯 機

 テレビの後に、電気洗濯機が来た
 
 ボクは、<うちも、ずいぶん文化的になった!>

 と喜んでいた
 この洗濯機のために、玄関まで改造したんだ
 
 洗い終わった洗濯物を、ローラーで絞る脱水作業
 ノシイカみたいになるって、面白がっていたら

 そのうちボクの仕事になり、うんざり
 
 文化も大変だなぁ、と、ちょっと後悔した
 
 玄関を改造したおかげで、数年後
 思春期のボクのために、2 帖半ほどの部屋が
 作られることになる

昭和の子供たち・やよい町15番地

昭和の子供たち・やよい町15番地