ク リ ス マ ス ・ ケ ー キ  - 1 

クリスマス近くになると
毎年、映画のオッチャンが
大っきいケーキを届けてくれた
( 駅前の映画館の支配人でカ-チャンのイトコ )  

ベレー帽に蝶ネクタイで
いっつもニコニコ笑ってる人だった

だから、普通の貧乏でも24日の夜は
お金持ちみたいにケーキのローソクに火をつけ

( 仏壇の細いローソク )
電灯を消し、ゆらぐ灯りの中で
明日の朝、どんなプレゼントが来るのか
話たりしながら、
ボクたちは至福の一夜を過ごせた

ケーキに合わせて
いつもよりゴチソウをカ-チャンは奮発
スキ焼きだったこともある
ほとんど肉の入ってないスキ焼きだったけど・・・

ク リ ス マ ス ・ ケ ー キ - 2 

ト-チャンの知り合いから
クリスマス・ケーキが送られてきた

ボクたちは2個も食べれると大喜びしたが
映画のオッチャンの分は
どこかへ持っていくことになり、
ガッカリ
知り合いからのケ−キは
クリスマスまで棚の上に置いてあった
(バタークリームだから長持ちしたんだネ)

24日の夜、ワクワクしながら

箱を開けたら
4 分 の1 ほど食べられていてビックリ

当然、ト-チャンは
誰が食った!って怒ってはみたが
そんなバレバレの悪さをする根性は
ボクたちにはない

おまけにケーキを切ったらしい
ウチには無い洋風ナイフも一緒に入っていて
きっと、これは送った家の子が
自分たちが食べたことがないのに
なんで他の家に送るんだ
で、つい誘惑に負け食べてしまったんだ
可哀想に、と物語を想像し納得
ちょっと申し訳ない気分でケーキを食べた

サ ン タ ク ロ ー ス

教室の掃除中
サンタクロースがいるか、いないかで
K とケンカになった

ボクんちのプレゼントは
実用品か、安っぽいゲームばっかりで
童話みたいに、きれいな包装もしてない

押し入れにプレゼントが隠してあるのを
何度も見ている

サンタクロース ちゃー
トーチャンながいぜー

言ったとたん、涙目の K に殴られ
ボクだけが先生に叱られて
寒い廊下に立たされた

オマエんとこみたいな金持には
サンタクロースが来るかもしれんけど・・・

でも、それでも
サンタがトーチャンで実用品のプレゼントでも
クリスマスは楽しいし
プレゼントは待ち遠しかった

クリスマス・プレゼント 

冬休みが始まる日と
クリスマスは同じ日
だから、子供たちは テンションが上がる

親に なんの希望も言えなかったけど

25日の朝、ボクたちの頭の上には
冬用の手袋や帽子、長グツなんかの
プレゼントが必ず置かれている

通信簿の点数が悪いと
贈り物はこないぞ! と
ト-チャンが言っても
点数が悪くったって無いことはなかった

なんであれ、新品がもらえるんだから大喜び
長グツなんかは外で汚れる前に
家ん中で はいて歩いていても、この日だけは
ト-チャンはニコニコしてて怒らない

この年のプレゼントは
トーチャンがイイカゲンに選んだ
耳あてのついた帽子だったんだけど
頭デッカチのボクには小さすぎて
これも結局、弟のものになってしまった・・・


昭和の子供たち・やよい町15番地