赤 玉 ポ ー ト ワ イ ン

棚の上に赤い液体の入ったビンがあった
< 赤玉ポートワイン > って書いてある

コッソリ飲んでみると
風邪ひきの時にもらう
赤い水薬みたいな味がして
スッゴク おいしい


チビリチビリ 飲んでるうちに気持よくなり
火鉢の上に乗っかって
お尻を温めながらウツラウツラしてたら・・・

トーチャンに見つかり
バカヤロー! って引っ叩かれ
赤玉ポートワインを窓から用水に放り投げ
なんであんな所に 置いておくんだー!と
カーチャンを怒鳴りつけていた

後年、オジチャンから聞いた所によると
トーチャンたち兄弟は
酒で身上をつぶした親のせいで
ずいぶん悲惨な苦労をしたらしい

トーチャンが満州へ出奔したのも
それが原因だった

トーチャンたち兄弟は酒がトラウマに
なってしまっていたんだ

お 好 み 焼 き

寒い季節になったら、みんなが集まるのは
奥にお好み焼きの小さなテーブルが一台あった
惣菜屋さん

キャベツだけ入った溶いた小麦粉を焼き
その上にソースを塗り、魚粉や粉海苔をかけるだけ
一枚10円だったと思う
それを2〜3枚たのんで
みんなで分け、チマチマ食べる

温ったかいし、ハイカラだし
居間にあるテレビだってのぞける
シーホーク っていう冒険映画や
ノートルダムのせむし男 もここで観た

直径15cmほどの お好み焼きを 時間をかけて
ソースを塗って焼き、塗って焼き、塗っては焼き
ソースのほうが本体より厚いんじゃあないか
というほどくりかえし・・・

オバチャンに、
< ソースと海苔つけ過ぎや! >
< 食べたらさっさと帰ろっ! >

いっつも文句言われながら
何時間でもそこで居座っていた

特に天気の悪い日曜日は昼から夕方まで
どうでもいい話をして鉄板の前で過ごす

傷 痍 軍 人 さ ん

毎年、年末近くになるとト-チャンは
ボクと弟を連れてタカマチへ行く
( 駅近くの繁華街 )

駅の近くには、粉雪の降る寒い中
軍帽にサングラス、白衣
アコーデオンで軍歌を唄い
赤十字のマークの入った箱を置いて
施しを受けている傷痍軍人が必ずいた
(戦争で障害者になった元軍人さん)

ト-チャンはそんな人を見つけると


< どこの部隊にいたんだ? >

< どこでやられた? >

しつっこく聞く

悪気はぜんぜんなくって
同情してるんだけど
傷痍軍人さんはすっごく迷惑そう・・・

後に、国から戦傷の保証のない
在日の人たちが多かった
ということを知って
申し訳なく深く反省

しつこいけど トーチャンには
悪気は全然なかった

源 平 衰 々 記

カーチャンの里の五箇山へ行くたび
与次平のご先祖さんは、五箇山へ落ちのびた
平家のお姫さまだったんじゃ・・・・
ジ-チャンから何度も聞かされていた

トーチャンは、鼻をふくらませて
先祖は源氏の武将で、
江戸時代は
鯖江藩の剣道指南役だったと自慢する

んでもって
カーチャンは平家で干支はイヌ
トーチャンは源氏で干支はサル だった

何かで腹を立てたトーチャンが
< 源氏に負けたくせに生意気言うな!> って
カーチャンに怒鳴った時
おかしくって、つい
< ケンエンの仲 やねぇ >
と、へらず口をはさんだら
< バカヤロー!くだらんこと言うなー! >

うちは、今では
源平盛衰記じゃなくって衰々記
大人気ない、源氏のトーチャンの怒鳴り声が
狭い家に毎日のように響いている

昭和の子供たち・やよい町15番地