竹 ひ ご 飛 行 機 

不器用なボクが
気が遠くなるほど時間をかけて
慎重に、慎重に作った
3 機目の 竹ひご飛行機

初めて図面通りに出来上がって
今度こそは飛ぶはず!

充実感いっぱい!

嬉しくって、嬉しくって
タタミの上に置いて眺めていたら

隣の部屋から走ってきた妹に
踏み潰されてしまった




タ コ ・・・

不器用なボクはタコ を作っても
まともに浮かせれたことが無かった

今度こそは完璧に作ったつもり!
武者の絵も描いたりして
トーチャンにも見てもらい

自信満々で学校の運動場へ行き
弟に持たせて、タッタッタッ
走りはじめたんだけど・・・

タコ はコンコンと地面をつっつくだけ

何度やっても、どこまで走っても
舞い揚がることはなく
汗でグッショリ、疲れてグッタリ

ボクは、タコ が風を受けて
空に揚がっているときの

タコ糸 の感触を味わったことがない


イ ヌ ・・・

果物なんかを買う習慣がなかった
果物なんかを買う余裕がなかった

柿や栗、ギンナン、ザクロ、イチジク、アケビ
山ブドウ、野イチゴ、蓮の実、シイの実・・・
なんでも自分たちで調達してオヤツにしてた

ボクの町内には柿の木がなかったから
他の町の家を物色

真っ赤な柿が鈴なりの裏庭に入ったら
犬に吠えられてビックリ
一目散に、逃げ出した

野良犬や、放し飼いの犬がけっこういて
何度も噛まれたことがあるから
どんな犬でも怖かったんだよねー

やよい町にいた野良犬、メリーだけは別だけど


昭和の子供たち・やよい町15番地