御 車 山 祭 (みくるまやま)

< 御車山祭 > の 5月1日
 学校は半ドン

ボクの町とは何の関係もないんだけど
タカオカで一番にぎやかな お祭

先生がホームルームで

お祭 に子供だけで行ってはいけない

あんな
所へ行ってはいけない
こんな事をしてはいけない
先生が見回っている・・・・・
色んな注意をしても上の空


誰と行くかは、とっくに約束してあって
親と一緒に行く奴なんていない
ボクも家へ帰ると
カーチャンの作った御馳走を少しだけ食べ

お祭りの小遣い50円ほどをにぎりしめ
弟や仲間と走り出す
目指すは タカノミヤ のヤシ!

途中、曳き山 の行列に出くわして
しばらく眺めてたけど、晴れがましい格好で
曳き山に乗っかってる子供たちが
ちょっと、うらやましくって・・・腹が立つ


見 世 物

先生に、見世物小屋へ入ってはいけない
って言われてた

たしかに、小屋の設えや 蛇女 の看板は
青少年の劣情を刺激するのに充分な
いかがわしさと猥雑さでイッパイだった

< よってらっしゃい、みてらっしゃい・・・

     親の因果が子にうつり・・・・>

マイクを片手にオッチャンが独特のダミ声で
客寄せを始めると、青少年も、ボクたちも
大人の世界の怖いもの見たさで
オッチャンの前に集まる


< ○○ちゃ〜ん・・・ >
オッチャンが小屋の中に呼びかける

< はぁ〜〜〜い > と
看板の色っぽいオネーチャンと大違いの
格好だけ色っぽい オバチャンが顔を出し
生きた蛇を何匹もつかんで
いきなり噛みついた・・・・

生臭いにおいが一面に広がり
青少年たちは凍りつく

我に返ったボクたちは
あわてて小屋の前から走って逃げた


見世物小屋の多くは
こういう事でしか生活を立てれなかった
被差別や障害者の人たちだった
というのを後に知った

露  店

タカノミヤの境内には
見世物小屋や、色んな食べ物、オモチャ、飾り物
金魚やヒヨコ、輪投げ、パチンコ、射的なんかの
ヤシ(香具師)の露店が林立してて
サーカスや、お化け屋敷が来てたこともあった

極彩色のオモチャ箱をひっくり返した
夢の世界


どこから人が湧いて出てくるんだろう・・・

っていうほどの人混みをかきわけ
握りしめている小遣いと相談しながら
何で遊ぼうか、何を食べようか
ワクワクしながら一つ、一つの露店を吟味して回る


ヤシのオッチャンは 子供を騙そうと真剣
ボクたちは騙されまいと真剣

でも、けっきょく、騙されて
胸が悪くなるような物を食べたり
景品のくれない輪投げをやったりして
小遣いを無くしてしまった・・・

気分を高揚させ、駆けて行った お祭りも
帰り道は、弟に八つ当たりしながら
(弟は小遣いをバカなものに使わなかった)
肩を落とし、足取り重く ヨタヨタ 歩く

トーチャンは
ヤシのオッチャンの悪口を
これでもかっていうほど言ってた

ライバル心 を持ってたんだ、きっと

獅 子 舞

秋になると、あちこちで獅子舞がはじまる
 
ボクの やよい町は、新しい町で
古くから続くお祭りは無かったから
獅子舞をやってる所へ
ひとりで見にいった
 

6尺棒やなぎなた、刀、いろんな道具で
獅子と戦う天狗
エンヤサー、エンヤサーの掛け声で
飛んだり、ハネたり、振り回したり
勇壮に舞いカッコイイ!
ボーッとしていると突きとばされそう

 ふと我にかえって前を見ると
 同級生がキリッと衣装を着て
 出番を待っている
 ボクは急に恥ずかしくなり
 彼の演舞を見ないで帰ってしまった
 
 ボクの町内に獅子舞は無くっても
 カアチャンはお祭りのゴチソウを

 作ってくれていた
        

オ フ ク ロ の 味

 お祭りの日のごちそうは・・・
 
 赤飯は(餅米に小豆)トーチャンの好物で絶対
 タニシかバイ貝とコンニャクを醤油で煮付けたもの
 トヤマにしかない?コンブ巻カマボコ

 時には、おさしみ
 そして、エビス(ベッコウと言う所もあるらしい)
 

 棒寒天を煮とかし、醤油、ちょっとの砂糖で味をつけ
 それに溶き玉子をながしこみゆっくりまぜる
 それをバットにいれ固まったら出来上がり
 
 それぞれの家によって生姜を入れたり工夫をするが
 ボクはカーチャンの作ったエビスが一番すきだった
 今も時々他の家でいただくことはあるけれど
 味付け、固さなど微妙に違い、なんか別物に感じる
 それが世間で言うオフクロの味というものなのかな

昭和の子供たち・やよい町15番地