大  雪

大雪の年は
絵のようになるのも珍しくなかった
みーんな雪に埋もれてしまう

今と違って除雪機械なんか無くって
降ろした屋根雪も前の道路に
人力でひたすら積み上げるしかない

いつだったか屋根によじ登り
竹スキーで滑り降りて遊んでたら
家ん中にいたトーチャンにえらく叱られた
滑り降りるとき
屋根瓦がガタゴト鳴っていたみたい

スキーが屋根から離れると
お尻から雪山に着地する
失敗すると
向かいの家の玄関あたりに飛び込んで
エライ目にあう


温暖化というのは積雪地のほうが
リアルに感じるんじゃないかなぁ
近頃はさっぱり降らなくなってしまった
降らないほうが楽ではあるんだけど・・・・

バ ン バ

屋根につもった雪は
だんだん下がってきて軒先で垂れ下がる

トヤマの雪は湿気があり、重いので
この縁を切っておかないと
軒がこわれたり

崩れて人が雪に埋もれたりすることもある
実際、ひと冬に何人か
落ちてきた屋根雪で亡くなっていた

ト-チャンが長いバンバを使って
縁を切る
こういう時のト-チャンはいっつも
シカメッツラで
いかにも大変なことをしてるっていう
顔をしてる


子供用のバンバは
雪ん中のママゴト用

可愛い絵が描いてあり
雪を着色する赤や青、黄の色水なんかも
駄菓子屋で売ってて
妹はペタペタやって遊んでた


雪が降る空を見上げると
雪が落ちてくるんじゃなくって
ボクたちが

空に吸い込まれていくような・・・
目がまわりそうな・・・
不思議な感じ

舞い落ちてくる雪を
大きな口をあけて
受けとめた

つ ら ら

長いつららを折って
よくしゃぶっていた

よくよく考えてみれば
屋根に面した雪が溶けて凍ったもので
きれいなはずがない

ト-チャンは
放射能が入っているから
雪もつららも食っちゃいかん !
って言ってたんだけど・・・

そういえば子供の頃は
放射能のせいで生物が
変型したとか巨大化したっていう
映画が多かったなぁ

昭和の子供たち・やよい町15番地