も ち つ き

クリスマスが過ぎると
朝早くから もちつき
 

玄関の引き戸をはずし広くして
かまどでモチ米を蒸し
家の前でペッタン、ペッタン

トーチャンがつき、カーチャンが返し
こんな時だけは、二人は息があっていた

トーチャンはモチが大好きだから
< あぶねーぞ!頭 カチわるぞー! >
なんて言いながら
機嫌よく他の家の倍はつく

それが、いつからか
もちつき器に変わってしまった

家庭用もちつき器の前の

トーチャンはカッコヨクなかった

モ チ つ き の あ と

つきたての、やわらかいモチに
砂糖の入った甘いキナコや
アズキをまぶして食るのが
スッゴイ楽しみ
よーくのびるんだぁ

< のどにつめて、ちっそくするなよ >

< ちっそくって、なんけ? >

< 息ができんよーになることだ >

< ふーん、はふはふ >

< ノボル、顔にアズキがついとるぞ・・・ >



昭和の子供たち・やよい町15番地