み ぞ れ

冬のはじめ
遠いところへ遊びに行って
降られたりすると最悪

氷水のような みぞれ で ズブ濡れ
骨の芯まで冷えきって
顔も手も感覚が無くなっちゃって
歯をガチガチ鳴らし、半ベソをかきながら
なんとか家にたどりつく


< 傘をもってけって言ったやろ! >
カーチャンは叱るけど
傘もって遊びに行くやつなんか、いるもんか

体をふき、服を着替えたら

すぐに
日の出湯に行かされる

お湯につかると、最初はなんにも感じないけど

そのうちジ〜ンと変な痛みが広がってくる
これが快感なんだよね


に の じ 、に の じ

 初雪や
  二の字二の字の 下駄のあと

授業でこの句を教わってからは
雪が待ち遠しくって、待ち遠しくって・・・

ようやく雪が降り外一面、真っ白
さっそくカーチャンの
ツマカケのついたタカアシダ(高足駄)をはいて

< 二の字 二の字のゲタのあとや!> って
嬉しがって雪の上を歩いてたら
ゲタの歯の間に
雪が詰まり
だんだん高くなってって
最後はゲッコンでひっくり返り
タカアシダの鼻緒を切り
ズボンのオシリんとこを破り
足首を捻挫してしまった


カーチャンは、ボクを怒鳴りつけながら
腫れてきた足首にエキホスを貼り
ズボンを縫ってくれた

 の ス タ イ ル

小学校低学年の頃の冬のスタイルは・・・・
 
左からラクダの上下に腹巻き、足には足袋
弟や妹は綿入りのドテラを着ていた

その上にカ-チャンの手編みのセーターにズボン


その上に学生服をムリヤリ着る
ダブダブの長グツ、和傘

凍死しそうなくらい寒いと
その上にコートみたいなもの着て
マフラーみたいなものでホッカムリ
防空頭布のようなものも被ったり・・・

当時は、暖かければいい、しのげればいい
で、サイズも色もどうでもよく
トーチャンの払い下げを
カーチャンが仕立て直して着ることも多かった

コートなんかはタバコのにおいがしてたもんね

パンツやモモヒキ、ズボンはみな前がボタン止めで
オシッコする時は、手もかじかんでて大変
前を濡らしちゃうことも多かったんだろうね

鼻 水 ・ し も や け

みんな鼻水をたらして
ズルズル音をたてていた
たらしててもティッシュペーパーなんか
あるわけがなく服の袖でゴシゴシ

袖は鼻水でテカテカになる

片方の鼻からだけを単線
両方からたれるのを複線と言ってた
青いのや黄色いのやら、色々


しもやけで、耳たぶは大仏さんみたいに
腫れて垂れ下がり
手足の指も曲がりにくいほど腫れ
手の甲はあかぎれで血がにじみ
かゆくって痛かったけど
子供は風の子
どんなに寒くっても外で遊んでいた
家ん中ではすること無かったしね・・・

今でも ケロイド状の しもやけの跡が
残っている奴がいるんです

昭和の子供たち・やよい町15番地