チ ャ ン バ ラ ご っ こ - 1 

ボクたちのヒーローは
マンガや、時代劇の映画の中にいる
鞍馬天狗、丹下左膳や赤胴鈴之助・・・

だからボクたちは
チャンバラごっこに夢中

お祭の夜店で買ってもらった
木製の刀は自慢の宝物
そこいらにある木や竹の棒、
カーチャンの3尺の物指を腰に差し
ワリバシの手裏剣、
フロシキの頭巾なんかでカッコつけて
町内中を走り回る

チ ャ ン バ ラ ご っ こ - 2

子供は何を決めるのもジャンケン
 
ジャイケン、オッヘラー、ハッサン、シー
 のかけ声で
ドン(グー)パー(パー)ニュー(チョキ)
を出す
ドン、パラッカ、ニュー >と言うこともあった
地域によって色んなスタイルがあるんだろうね
 
今、だれが主役の鞍馬天狗になるのか
ワルモン(悪役)はだれか・・・を

真剣に決めている
どうしてもイイモン(正義の味方)なりたい奴が
相手の出した手の形が変だとか、遅出しだとか
イチャモンをつけて喧嘩になることもある
 
杉作役は、あんちゃん達の仲間に入りたい弟がなり
電柱に荒縄で縛られてた

チ ャ ン バ ラ ご っ こ - 3

配役が決まったら、シナリオの打ち合わせ
おまえが、こう切ったらオレが飛んで・・・・

  
立ち回りがはじまる
 
刀でホントに叩いては
いけない
これが不文律
ところが、つい興奮して
正義の刃がボクの頭を直撃
当った、当らないでモメだし 
ついにホントに、刀で叩き合いになり
ケンカ別れ
 
<ダラー!おまえのカーチャン、でーべーそー!>
半泣きで怒鳴りながら、家へ逃げ帰る
可哀想に、弟は電柱に縛られたまま・・・

正義って痛いもんなんだ

チ ャ ン バ ラ ご っ こ - 4

 小学2年の夏
 旅芝居の役者をしていたオッチャンが
 お芝居んときは、こうするんや

 と言って、顔をつくってくれた
 
 ボクと弟は、ナトコ映画みたいやー、と
 得意満面!
 喜び勇んでチャンバラに行ったら
 笑うやつと、逃げ帰るやつ

 
 でも、もったいないから夕暮れ時まで
 このままで、走り回っていた
 
 後でトーチャンにひっぱたかれ
 しばらく仲間には白い目でみられた
 

ひ と り チ ャ ン バ ラ

いくじ無し、へっぴり腰、内気、内弁慶
ヘタレ冠はいっくらでもつくボクは

仲間とのチャンバラごっこで
たまに主役になっても
カッコウがつけれない


そのウサは
家でやる、
ひとりチャンバラで晴らす

誰も見ていないのを幸い
妄想の中で陶酔し、見得をきって

悪人共をバッタバッタと斬り倒す

片目にバンソウコウを貼り
片手を懐に入れて

オレは、丹下左膳じゃー!
トーチャンも、学校の先生も
いっつもイジメる奴も恐くない!

ひとりでドタバタやって
ひと汗かいて
ふと、我にかえると
かぎりなく 空しいのであった


ひとり西部劇、ひとりプロレス、
ひとり戦争ごっこ
なんかもやってました・・・

昭和の子供たち・やよい町15番地