外 人 さ ん

田舎だから外国人なんか
めったに見かけないんだけど
たまーに
伏木港から ソ連船の船員が
町へやってくることがあった

ガキ共は、手に武器を持って
< ガイジン!ガイジン! > と

叫びながら
後をついてまわる

トーチャンはソ連人が大嫌いだった
< 終戦の時、アイツ等のために満州にいた
 日本人がひどい目にあったんだ! >
って、いっつも怒ってた

じ ん だ は ん

じんだはん( 巡査 )に
ついてまわる


おっかないから
離れて、ついてまわる

< 誰か捕まえんかのー >
小さい声で言いながら

ついてまわる


トーチャンは警察が嫌いだった
カーチャンは
< 昔、ぜったい何かで捕まったからや >
って、言ってたけど
あのトーチャンだったら・・・
そんな事があったのかもしれん
そのトーチャンは
ボクが知ってるだけで
二度、ドロボーを捕まえ
そのたび警察から表賞され
金一封をもらって、ご機嫌だったのに
そのへんが、よくわからん

チ ン ド ン 屋 さ ん

チンドン屋さんに
ついてまわる


チン チチン ドン ドン ♪
鳴り物と時代劇に出てくる
派手な衣装で練り歩く

ニコニコ笑顔で宣伝ビラを

配りながら練り歩く


時々、ピタッと止まって
宣伝の口上をカッコ良く言う
ボクたちもピタッと止まって
神妙に口上を聞く・・・・

でも、
チンドン屋さんが

物かげで休んでる時
みんな不機嫌な顔で黙って
タバコを吸っているのを見て
ちょっと怖かった・・・・

そ し て ・ ・ ・

ついてまわってるうちに
迷子になってしまった


陽が傾いてきて
家に灯りがつきはじめる

ボクたちは途方に暮れ
あっちだ、こっちだと
ウロウロと歩いているうちに
足がだんだん速くなり
ひとりが走り出すと
後を追って

みんな真剣に走り出した

弟も
泣きさけびながら後を追う・・・

昭和の子供たち・やよい町15番地