ト ー チ ャ ン  - 1

静岡県掛川で、長男として生まれたトーチャン

丁稚奉公していた15才の時
トヤマへ居を移していた親元へ
働き手として呼び寄せられたが
父親の横暴に我慢できず、17才で家を出
満蒙開拓青少年義勇軍に入り
満州、吉林省に渡ってしまう
 
義勇軍は、当時の国策による屯田兵で

満州の開拓と、開拓団の警護、辺境守備等を
任務としていた
 
過酷な環境でも、トーチャンにはここが
自分の気性に合ったらしく
充実した青少年時代を、送っていたらしい
  
歩哨に立っているトーチャンの写真

ト ー チ ャ ン  - 2

やがて太平洋戦争が始まり
召集されてトヤマの連隊に入る

 
その頃の写真
腕を組んだ草履ばきのトーチャンが真ん中に座り
両側が、小隊長と分隊長だと言ってた
 
< 弱い者イジメする奴は許せん
  クソ生意気な分隊長や、小隊長を
   キサマ、弾は前からだけじゃないんだぞ!と
            何度かブン殴ってやった >

 
映画みたいなホラ吹いちゃって、と思っていたけど
トーチャンと、元戦友との会話を聞いていたら
どうもホラじゃないみたいで、軍隊でも素行が悪く
営倉にも何度か入っていたらしい

 
義勇軍も含め、7年の軍隊生活で

上等兵以上になれなかったのは、仕方がない
死ぬまで上等兵だった

ト ー チ ャ ン  - 3

軍での素行がたたってなのか
トーチャンは
地雷を持って敵戦車の下に潜り込み
自爆する訓練を富士山麓で受け
房総に配属される

普通の真面目な戦友の多くは
南方戦線へ送られ
途上、船を沈められ
亡くなった人もずいぶんいたらしい
 
中隊200名の写真を見ながら
こいつも、こいつも、と呟いていた
 
運がいいのか、悪いのか
長い軍隊生活で一度も戦うことなく

敵の上陸を待っている間に終戦となった

ト ー チ ャ ン  - 4

終戦が近い頃、叔父さんに赤紙がきて
トヤマの連隊に入營した早々
古参兵たちに呼び出された

叔父さんは初年兵イジメ だと覚悟して行ったら


< 貴様はイッチャマさんと関係があるのか >
 と聞かれ
< 自分の 兄であります >
 オドオドして答えると
 古参兵たちはニッコリ
< そーかぁ、お兄さんにはずいぶんお世話になった >
 菓子を食え、タバコを吸えと歓待を受け
 びっくりした

トーチャンが亡くなった後
そんな話を叔父さんから聞いた

昭和の子供たち・やよい町15番地