お 手 伝 い - 1

なにかっていうと
長男だから、年長だからって
なんでも 手伝わされる
買い物や、届けものは当然として

大変だったのは、小1の頃の
妹の子守り
重いし、あばれるし、カッコ悪いし・・・
みんなと遊べない

用水の橋の上で転んでしまって

妹にケガさせた時は
ひどく叱られた
 

お 手 伝 い - 2

玄関前で、魚を七輪で焼いたり
なんかもさせられる
 
イワシかサンマだったけど・・・・
シッポ以外、骨までみ-んな食べるから
ゴミなんか出なかった

 ちり箱 って書いてあるのは、
 チリ しか出なかったからかな?

 生活が、少しづつ豊かになるにつれ
 護美箱、ゴミ箱 になり
 箱はどんどん 大きくなっていった
 

お 手 伝 い - 3

お米とか、味噌とか
お向かいさんや、お隣さんに借りにいく


カーチャンは恥ずかしいからって
いっつもボクに 言いつけるけど
ボクだって、恥ずかしい

お金も借りにいかされてたような
気がする・・・・
 

お 手 伝 い - 4

ちょっと気分のイイのは
まき割り

かまどに くべるのに
丁度いい大きさに、
ナタで割る
エイ!ヤッ!と
剣豪の気分でナタを振り下す
ガス炊飯器が、家に来るまで続いた


あんなに切れるナタで
よく子供にやらせていたもんだ

お 手 伝 い - 5

働き者だったカーチャンは
夜遅くまで、赤ちゃん用ニットに

刺繍やビーズを編み込む
内職もしていて
小5から、中学の初め頃まで
日課のように
手伝ってた
暑い夏が
一番、忙しい

ボウズ頭が、刺繍をしている姿なんて
カッコイイわけが無く
人に見られるのが、すっごくイヤだった

カーチャンは、こめかみに頭痛膏を貼って
頑張っていたけど
トーチャンは絶対に手伝わない

昭和の子供たち・やよい町15番地