ル ン ペ  ン

映画で見た
浮浪者が土管の中で生活する
シーンに
憧れてた
 
空き地で土管を見つけ
中に入って
夕陽をながめながら悦に入る
狭いけど 自分だけの部屋の気分

< ルンペンみたいやー!

 
< どっかの外国へ行きたいのォ >
みんなで ため息
 
そのうち、どこがいいか、っていう
妄想が始まる
 
映画で アメリカしか知らないから
そこに落ち着くが

< インデアンおっから、こわないか?>
< なーん、保安官おっからだいじょーぶやちゃ >
< 騎兵隊もおるしのォ >
< そーやのォ >・・・・・・・・・

か げ ふ み

遊びまわってて
やがて陽が西にかたむき
影がどんどん 長くなる

そろそろ家の中のカーチャンから
夕御飯の声がかかるころ・・・

遊びの最後に、カゲフミをしながら
カーチャンの声がかかった子供から
順に家へ入っていく

< マサナリのカゲふんだー! >

< ごはんだよー>

< ノボル!ごはん! >

だんだん路地は静かになっていく

デ ズ ニ ー の 空

学校の運動場で遊んでて
気がつくと陽はとっくに落ち
あたりは暗くなっている

見上げると
空は深い深い青紫色
そこに忘れ物のように

ピンク色の雲が浮いてて
ピカピカと光る星がひとつ

< デズニーの空みたいやのー >

すっごくキレイで しばらく眺めていた


ボクたちの頃
夢みたいにキレイなものは、みんな
映画館で観るディズニーの
マンガ映画の中にあった


家に帰ったら < どこ行ってた!遅い! > って
カーチャンに叱られる

昭和の子供たち・やよい町15番地