夏 の 終 わ り に・・・

夏の終わりに
五箇山のジーチャンが
訪ねてきた
 
ジーチャンは、一代で財を築いた人で
色々あって晩年は零落したけれど
トーチャンの唯一、頭が上がらない人だったみたい
 
何度も来てるのに、初めてボクと弟の三人で

お昼に 日の出湯へ行った
翌々日、城端のオッチャン(母の弟)の家で
倒れ、
死んだ
 
みんなの顔を見にきたんだろうか
ジーチャンに可愛がられていた弟は
便所に入って、大きな声で泣いていた
 
五箇山での葬式から帰ってきたカーチャンは
トーチャン、鬼の目にも涙やった・・・ >
と言っていた
そういえば、
ボクはトーチャンの涙って
見たことがない

夏 休 み の 終 わ り

 夏休みは、長い、ながーい、おまつり
 
 終わりに近くなると、すっごい寂しさと
 やってない宿題のパニック
 
 カーチャンが内職している机で
 弟とやろうとするけど
 弟はとっくに、あきらめの境地

 妹は、ジャマばかりする
 ボクは先生が怖いから

 気ばかり、あせってる
 
   

自 由 工 作 

夏休みの宿題の自由工作は
ボール紙でゴミ箱なんかをテキトーに作って
誤魔化すんだけど

Aちゃんは自由工作にチリ取りを
大工のトーチャンに作ってもらってた

そばで見ていて
すっごく ウラヤマシかったけど
こんな立派なのを学校へ提出して
イイんか、ちょっと心配

Aちゃんは 得意満面

うちのトーチャンは
みんなに自慢できるようなこと

なんにも無いもんなァ

チリ取りの Aちゃん
やっぱり学校で先生に殴られたらしい・・・・

 絵 日 記

夏休みの宿題に、絵日記もある
 
ボクは図画の点数がいいわけじゃないけど
コマッシャクレた絵をかいていた
 
そんな絵日記に先生は赤ペンで
親に手伝ってもらわないこと!と書いた
それを見てしまったトーチャンは

本人がかいたものだ!と書いて
先生に見せろという


異議を唱えれないヘナチョコのボクは
先生とトーチャンのハザマでうろたえ
先生のを赤ペンを消したり
トーチャンの赤ペンを消したり・・・・
絵日記をグチャグチャにしてしまって
けっきょく、先生に叱られ、殴られてしまった
 
図画だけは、弟の方がズッとイイ絵を描いていて
色んな展覧会に入賞してたなァ

 
 

昭和の子供たち・やよい町15番地