納 豆 売 り の ア ン チ ャ ン

 朝 はやく
< なっとー、なっとなっと、なっとゥ〜〜♪ >
 の声が聞こえたら、急いで外へ買いに走る
  
< カラシ は? >
 アルマイトの弁当箱を開けて
 聞くアンチャンに

< たくさーん・・・・ > と言っても
 ちょっとしか、くれない

 たまにト-チャンが買うと、たっぷりもらう
 
   


あの頃はみな、ワラにくるんだ ワラ納豆
匂いも、豆の味も、濃かったよね
ワラを広げて、納豆を取り出すのも
楽しい作業だった

 
 

野 菜 売 り の オ バ チ ャ ン

農家のオバチャンが朝早くから
リヤカーに野菜や花を積んで
一軒一軒の玄関を開け
オクサーン、野菜いらんけー
と、声をかけ町内をまわっている

子供ながらに 大変だろうなー
と、思ってたけど
オバチャンは
なじみのオクサンとお喋りするのが
楽しかったよう

こんな風景は今でもときどき見かける

押 し 売 り の オ ッ チ ャ ン

奥さん、昨日 ムショ 出たばっかりで
  仕事がなくって困ってる、子供を食わせれねェ
        ゴムヒモ買ってくれヨ

 恐い顔してスゴむ、押し売りがよく来た
 
 たまたま、トーチャンがいる時に来たのが、まずかった
 モジモジしてるカーチャンの横にヌッと出て

ムショ帰りがどうした! オレァ 満州帰りだ
   満州はなぁ、ムショどころじゃねーんだバカヤロー
         テメェ どこのモンだ、いってみろ!

 ベランメエ調でまくしたてると

 押し売りのオッチャンは
どうも、アニサン、すんませんでした・・・
 スゴスゴ 帰っていった
 
 ボクは、ふたりの男の変なをやりとりを
 恐いものみたさで、うしろで聞いていた
 あのオッチャン、ほんとに子供いたんだろうか?

昭和の子供たち・やよい町15番地