ク ズ 屋 の オ ッ チ ャ ン

< クズゥヤァ〜 オハライィ〜〜 >

独特の節まわしで呼びかけながら

クズ屋のオッチャンが 汗をかきかき
大八車を引いて 町内に回ってくる

大人の苦労を知らないガキ共は
オッチャンの真似をしながら
ズーッと後をついて回ってた


釜 焚 き の オ ッ チ ャ ン

日の出湯の釜焚きのオッチャンは
天涯孤独の聾唖者

自分がイジメられっ子で
ヘナチョコのくせに
みんなに つられて
よく カラカイに い
った

石を投げたり
心無い差別語を大声で連呼したり・・・

怒って 追っかけてくるけど
殴られた記憶は無い

大人の分別と障害を逆手にとるような
ずるい ガキども・・・・

大人も子供も差別、偏見が
あからさまだったけど

トーチャンがオッチャンと釜焚き場で
タバコを吸いながら 話にならない話をし
二人で笑っているのを何度か見て
ちょっと胸が痛んだ

田 ん ぼ の ウ マ

あぜ道で遊んでいるボクたちの横を
田んぼを耕す馬が
汗をかき、ハァーッハァーッと
苦しそうに通っていく

大人の苦労を知らないガキ共は
農家のオッチャンを悪者にして
遊び続ける・・・・・



馬だけじゃなく、牛をつかってる
所もあった

昭和の子供たち・やよい町15番地