カ ー チ ャ ン - 1

 カーチャン、17歳の写真
 日本が大平洋戦争に突入する ちょっと前です
 
 
ボクの知ってるカーチャンより
 ずいぶんフックラしています
 

 大正12年9月に、山深い五箇山で生まれ
 トーチャンと結婚するまで
 ズーッとここで生活していました

 
 五箇山小町といわれ高嶺の花だった
 と、カーチャンが70歳で亡くなったあと
 聞いたことがあります
 そんなカーチャンがなんでトーチャンと
 結婚したのか不思議でなりません

 結婚後は貧乏がしみついてしまいましたが
 いくつになっても派手な服が似合う
 カーチャンでした

ー チ ャ ン - 1

 上のカーチャンと同じ頃の
 トーチャンの写真
 
 満州の義勇軍に在籍していた
 19歳のころ
 
 家柄もあってトーチャンの写真は

 満州時代以前のものはありません
 

 当然、お互いに知ることもなく
 それぞれの場所で
 青春時代を過ごしていました
 
 人との出会いとか運命なんてものは
 予想がつかない、
 本当にわからない
ものです
 

カ ー チ ャ ン - 2

 9 歳のカーチャンと
 5歳の弟、オッチャン
 オッチャンも 数年前に亡くなりました
 
 昭和 5年の
 山奥に住んでいる子供にしては
 ずいぶんハイカラです

 
 乳母がついていたと聞いたこともあります

 
 オッチャンは五箇山で一番最初に
 自転車やオートバイを買ったのは
 ワシじゃ、と自慢していました
 
 こんな風に、親の子供の頃や
 青春時代の写真を見ていると
 人は必ず老い、
 そして逝ってしまうんだ
 という当たり前のことが
 心に沁み入ります

結婚記念の写真

昭和21年だと思います
トーチャンとカーチャン、26歳と23歳

写真屋さんが顔を修正しすぎ、
ゾロリとしてて
まるで二人らしくありません
  
カーチャンは

不安気な顔をしてるように見えます
きっと、その不安は適中したんでしょう

 
< なんで結婚したんけ?>
カーチャンに聞いたら
< あんまりトーチャンがしつこいから仕方なく >

それを聞いたトーチャンが
< 余計なこと言うな、バカヤロー! >
って、えらく怒っていたから
そうだったんだろうと思います

昭和の子供たち・やよい町15番地