日 の 出 湯

内風呂のある家なんて、無い
 
町内の海水浴の後、子供たちは
メチャクチャ
楽しかった余韻を引きずって
日の出湯に集まる
 
真っ黒に日焼けした体を見せあい
パンツの所だけが、異様に白いんだ )
ギャーギャー、ワーワー、大騒ぎ

親も最初は怒っているけど
あきらめて先に帰り

ボクたちは、
そのまま2 時間でも3 時間でも
悪ふざけを繰り返し、グダグダ過ごす
これがまた、至福のひととき
  

カ キ  氷 ー 1

夏休みの、子供の たまり場は
カキ氷のハセガワさん

10円のカキ氷を チビチビ食べながら
ピストルやったらイチコロや

ナーン、そんなことない・・・
ダラか、なーんもしらんがいのぉ・・・
丹下左膳に勝つにはどーしたらいいか
なんていう
妄想をしゃべり続けている
 
子供の格好はどれも同じ
トーチャンやアンチャンお下がりの
ヨレヨレのランニングシャツに半ズボン
靴はすぐ切れる薄いゴム製


オッチャンは、ステテコに腹巻きで
汗をかきかき、カキ氷をつくる
店にはハエ取り紙がぶら下がり
野良犬も普通にそこいらにいて
ボクの町内のは、メリーと呼んで
みんなで可愛がっていた

セガワのオッチャンに
いつまで食べてんだ!帰れ!
って、叱られ
子供たちはようやく 重い腰を上げる

カ キ 氷 ー 2 

夏に、長野のオッチャンが来ると
かならず カーチャンに
白玉金時氷の出前を
たのみに行かされた ( 1個だけ

カキ氷にアズキの入ったのは 食べたことがない
おまけに、白くって丸い モチのようなものまで
入っている

オッチャンをウチワであおぎながら
どんな味がするんだろ、残さんかなァ・・
なんて、思ってたけど
オッチャンは ウンともスンとも言わずに
いっつも、アッというまに食べてしまう

夏 の 楽 し み 

グンバイは氷水の氷を軍配の型にいれて
押し固めミツをかけたもの

スイカは、塩をチョット つけて食べる

アマウリは青くさいけど
歯ごたえと、ほのかな甘味がイイ

トマトは今のと違い、大きくって
凸凹で味が濃かった

カルピスやサイダーは高級品で
たまに飲めるのはラムネ

トマトやキュウリ、トウモロコシは
オヤツや、ご飯のオカズにもなる


冷蔵庫の無い時代
みんな、冷えては
なかったけど
チマチマトと、慈しんで
食べたり、飲んだりしたもんです


昭和の子供たち・やよい町15番地