五 箇 山 ( お 盆 )

8月中旬のお盆の頃は
一週間ほど
カーチャン
の里の五箇山へ行くのが
毎年の行事

駅から、ディーゼル機関車で 1 時間
バスで山道を 2 時間の行程
待ち時間をふくめると半日がかり

当時は日本の秘境といわれてて
町で見かけない虫もたくさんいた
 
お墓参りは、みんなおそろい
カーチャンちゃん手づくりの
晴れ着で記念撮影

 
家へ帰ると、カーテンが無くなっていた
 

五 箇 山 ( バ ス )

バスでの 2時間は大変だった
 
夏の暑さと超満員のひといきれの
蒸し風呂状態で (クーラー?あるわけ無い)
バスは険しく、曲がりくねった山道を

苦しい うなり声を上げて登っていく
 
対向車が来ると、どちらかが
スリ替えできる所までバック

バスのネーチャンは
乗ったり降りたりしながら

笛を吹き誘導、テキパキしててカッコいい

人喰い谷を通り、細尾峠で休憩
弟は車酔いで、休憩中も吐きっぱなし
 
なんとか到着し、バスを降りると
開放感でいっぱい
足が地につかないまま
母の実家まで駆けて行く
カーチャンに抱えられた弟は
半死半生・・・

五 箇 山 ( 与 次 平 )

五箇山の与次平( 屋号・よじべぇ )では

頑固で、おっかないジーチャンが
奥の座敷で、ステテコ姿でタバコをくわえ
デンと座っている

バーチャンは店でバタバタ忙しい

ミッチャン と トシチャン は
( カーチャンの妹 )

突き出たタバコ販売ケースの後ろで
アイスキャンデーをなめながら
おしゃべりに夢中

いとこのリュウは
それを黙って聞いている・・・

与次平の、夏のいつもの風景

昭和の子供たち・やよい町15番地