間 借 り

やよい町の 最初は
敷地10坪ほどの二階家が連なる長家の
ジーチャンの家の二階に間借り

やよい町のメイン・ストリートに面していて
向かいには、
お菓子屋さん、八百屋さんなんかがある

6帖と3帖、台所や便所は一階で共有という
不便さだったけど
ボクは
二階からながめる風景がお気に入り


移って来て間もなく ジーチャンが亡くなり
葬儀に来た四国のオッチャンから
オミヤゲにもらった ブリキ製のバスが

長い間 ボクの 宝物になった
 

な が ー い 影

夏の夕暮れ時
弟と外へ出てろって 
トーチャンが言った
 
家の前は、未鋪装の狭い道なんだけど
子供には、広い遊び場所
 
だれもいなくって
ながーい影 を引っ張りながら

二人で石蹴りをして遊んでた
 
 

はいって、いいぞ 
トーチャンの声
家ん中に入ると
産婆さんが
赤ちゃんを抱いていた
 
妹が生まれる前後のことは
あんまり憶えてないけど
道路にできてた
自分たちの ながーい影 だけが
妙に印象に残っている

保 育 園

保育園に入れられた

入園早々、田舎モン って イジメられ
( みんな田舎モンのくせに )
ケンカになり
先生は、ボクだけを荒縄で
スベリ台の支柱に しばりつけた

それからは登園拒否になり
けっきょく 保育園中退

むかしは、エコヒイキは当たり前
ボクは、みんなと波長が合わず
先生にも好かれるような
子供ではなかったみたい

 

ま ち ぶ せ

保育園をやめたのはいいけど
暇でしかたがない
同じような年の子はみんな
ちゃんと保育園に通っている

園児が帰る時間近くになると
チャンバラ ごっこ の正装をして
だれか遊んでくれないかって
通園路で まちぶせ

でもいざ
園児たちの姿が見えると

家へ駆けもどり
引き戸の後ろで息をひそめている

昭和の子供たち・やよい町15番地