や よ い 町

駅から 北西の方向に歩いて30分
市街地のはずれに、やよい町 があります

住人150たらずの
同じような家が並ぶ、色彩の乏しい町
決して裕福とはいえない世帯の集まった町です

小学生の頃は 中心部商店街以外
道路舗装はしてなくって 国道でも砂利道でした
当然、ボクの町内も舗装なんかしてありません

や よ い 町 15 番 地 

ボクは、大平洋戦争終戦後
まもなく生まれた団塊の世代
町内には同級生が 9人もいました

当然、親たちは戦争体験者で
戦争中の話を 昨日の事のよう喋ってたり
戦争の遺物が
どこの家にもころがっていた時代です

そんな昭和30年代の
日常のあれこれ、悲喜こもごもの思い出を
ボクんち
を中心に描いています

 ボ ク た ち の 家

やよい町15番地が、ボクたちの家の住所
屋根つづきになった 長家のような家並の端っこ
12坪の古い平屋に住んでいます
横には用水が流れていました

ボクが小学1年生から東京へ出るまでの
約 12年間
親子 5人は、ここで生活をしました

家 の 中

六帖二間、親子 5人が住むには
広くはないけど
用水に面してるから開放感があります
 
昼でも薄暗い台所には コンクリートの流し台
大きな米びつ、野菜入れ、炭箱、薪材・・・

ハエ取り紙や洗濯物もブラ下がり
ゴッチャ ゴチャ

ご飯やおかずの煮炊きは
奥の小さな かまど でしています


便所は 汲み取り式
時々、どこかのオッチャンが回収に来ます


カーチャンが生きていたら
恥ずかしいから、こんな絵は描くな!って
怒っただろうな

自 己 紹 介

イッチャマ、と呼ばれています

目立たず、引っ込み思案で消極的、虚弱体質なくせに
おちょこちょいで、いっつも大失敗をしています
女の子からは当然、無視されていました


家は世間並みに貧乏
恐いトーチャンと、ちょっと美人のカーチャンとの間の
二男一女の 長男です


左から、妹、カーチャン、弟、ボクに トーチャン

昭和の子供たち・やよい町15番地