雪 の 夜

人の足音も聞こえなくって
まわりの家の生活の音も無い・・・
気味悪いほど静かな夜

トーチャンが
< 風呂へ行ってこい > って言うので
風呂道具を持って玄関をあけたら

音をすいこんでシンシンと
雪が降りつもっていた


< トーチャン!、雪、すっごくつもっとるよ!>

奥にむかって、大声で言っても
< おぅ、そうか・・・>  だけで
期待した返事が返ってこない

しかたなく、長靴をはいて傘をさし
< サッムイ!サッムイ!> と叫びながら
日の出湯にむかって歩きだす

す べ る - 1

雪ん時はやっぱり滑らなくっちゃ・・・

いちばん手軽なのは スコップ

家の前でも、広場でも
ちょっとしたスペースがあったら
テキトーに スコップで雪を積んで
滑り台を作り
そのままスコップの上に乗っかって

滑りおりて遊ぶ

す べ る - 2

長いスロープを滑りたい時は
みんなで、古城公園へ遠征


世間で言うスキーなんて
誰も持ってなくって
ボク等が言うスキーは

駄菓子屋で売っていた何十円だったかの
ひも付き 竹スキー

竹スキーに木箱をつければ ソリ

オダケヤブからナカノシマにむけて
滑りおりる

スロープの一番下は濠なんだけど
それがまた、スリル満点
うまく止められず、落っこちて
ズブ濡れになったやつもいた

落っこちなくっても
雪や汗でグッチャグチャになり
寒くって冷たくって痛くって
帰り道、いっつも弟は泣いていた

雪 合 戦

町内のはずれの広場に
何人か集まると
なんとなく ふた手にわかれて
雪合戦がはじまる

隣町の連中とやることもある

そんな時は 互いに手加減しない
罵詈雑言を怒鳴りながら
ちからいっぱい投げつける
雪玉ん中に石コロを入れる奴もいて
うなりをあげて飛んでくると
そりゃー恐かった
そのうちコウフンして
とっくみあいのケンカ・・・

昭和の子供たち・やよい町15番地